中性脂肪を下げる

MENU

DHA・EPAサプリメントを取り入れる

厚生労働省が推奨しているDHAとEPA合わせた理想摂取量は、1日1g。この量を摂取するためには、これらの成分が多く含まれていると言われているイワシでさえ、毎日2尾ずつ食べ続けなければ摂取出来ません。忙しい現代人にはかなり高いハードルです。そのため、簡単に補うことのできるサプリメントや栄養補助食品を利用すると良いでしょう。

 

DHA・EPAとは

 

DHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸と呼ばれる不飽和脂肪酸のひとつで、主に青魚に多く存在している成分です。これらの成分は体内で生成することが出来ないため、食事から摂取することが必須となっています。どちらも中性脂肪値を下げ、血液をサラサラにする効果があるため、動脈硬化や心筋梗塞の予防・改善に効果的な成分です。健康のためには、DHA・EPAを合わせた摂取量、1日1gという目標値が定められています。

 

DHA・EPAの働き

 

DHAは頭に効く成分と言われ、脳細胞の回復効果があるとされています。そのため近年では認知症の予防や治療にも使用されています。また動脈硬化や高脂血症にも効果があると言われています。EPAはドロドロ血液をサラサラにし、中性脂肪や悪玉コレステロールのを減少させる働きがあり、DHAと同じく血栓を予防し、動脈硬化を防いでくれます。これらの成分は小腸より中性脂肪を吸収し、肝臓での中性脂肪の生成を防いでくれるため、積極的に摂取する必要があります。

 

DHA・EPAはサプリメントで補うと簡単

 

DHAやEPAは主に青魚に多く含まれています。まぐろ、サバ、イワシ、ハマチ、さんま、ぶり、キンキなどです。厚生労働省がすすめる理想の摂取量は1日に1g。1000mgという風に定められていますが、昔とは食生活の変わってしまった私達現代人は、多くても1日400mg?500mg程度摂取するのがやっとです。そのため、足りない分はサプリメントや栄養補助食品で補うことをおすすめします。DHAとEPAは相乗効果があり、一緒に摂取することが効果的です。